函館新都市病院ホーム診療部薬剤科 > ごあいさつ

薬剤科

薬剤科

ごあいさつ

 病院に勤務する薬剤師はチーム医療活動を行うメンバーの一人として、医師やその他のメディカルスタッフと協働した患者さんへの医療サービスを提供しています。特に入院患者さんに対する薬物療法においては、調剤のみならず、医師と協働で薬の内容を検討(処方設計)することや看護師と協働で患者さんに薬を適切に服用していただく(配薬・与薬)ためのサポート業務にも携わっています。更には、医療安全、感染制御、栄養管理、緩和医療や褥瘡コントロール等の活動においても役割を担うことが要求されています。私たち病院薬剤師は、院内の特に病棟における薬物治療の全般に深く関わっているわけですが、実際の治療方針やお薬の内容を決定するのは医師です。医師が治療計画を検討しそれを実行に移す際、その診療チームの一員として患者さんにより質の高い医療を提供するべく、医薬品の専門家として任務を遂行すること、それが私たち病院薬剤師に課された使命であると認識しています。
 尚、2017年度より薬剤科は外来での治療を中心とする患者さんへ薬学的な介入を行なっています。私たちは調剤薬局に勤務する薬剤師と連携を深め、患者さん全てに適切で安心な治療を提供し、その実践をサポートしていきます。

メールでのお問い合わせはコチラ アクセスはコチラ

ページの先頭へ