めまい

めまい

疾患概要

めまいとは、自分や周りの物が回転したり、ふらついたりする感覚のことです。めまいには、内耳や脳などの異常が原因となるものと、ストレスや姿勢の悪さなどの生活習慣が原因となるものがあります。脳神経外科領域の視点で、めまいの原因と診断方法、治療法について解説します。

脳神経外科領域で扱うめまいの原因としては、主に脳の血管や神経の異常が考えられます。脳の血管が詰まったり、切れたりすると、脳梗塞や脳出血、くも膜下出血などの脳血管障害が起こります。これらの病気では、脳の一部に血液が行き渡らなくなり、脳細胞が死んでしまいます。脳の中には、平衡感覚を司る小脳や脳幹という部分があります。これらの部分にダメージが生じると、めまいが生じることがあります。脳血管障害のめまいは、急に強いものが起こり、数時間から数日間続くことが多いです。また、めまいのほかに、激しい頭痛や意識障害、ろれつが回らない、手足の麻痺やしびれなどの症状が現れることがあります。これらの症状は、脳のどの部分が障害されたかによって異なります。脳血管障害は、命に関わる重大な病気なので、早期に発見して治療することが重要です。

脳の神経には、聴覚や平衡感覚を司る聴神経や、顔の感覚や運動を司る三叉神経や顔面神経などがあります。これらの神経に炎症や圧迫が生じると、神経炎や神経鞘腫などの病気が起こります。これらの病気では、神経の伝達がうまくいかなくなり、めまいが生じることがあります。神経炎や神経鞘腫のめまいは、持続的なものや発作的なものがあります。また、めまいのほかに、耳鳴りや難聴、顔の麻痺やしびれなどの症状が現れることがあります。これらの症状は、どの神経が障害されたかによって異なります。神経炎や神経鞘腫は、病気の進行によって神経の機能が低下してしまうことがあるので、早期に診断して治療することが重要です。

検査

脳神経外科領域で扱うめまいの診断方法としては、まず問診と診察を行います。問診では、めまいの発症時期や様式、持続時間、誘因や合併症などを詳しく聞きます。診察では、血圧や脈拍などのバイタルサインや、眼球運動や眼振などの眼科的所見、頭部や首の触診、手足の筋力や感覚などの神経学的所見を確認します。これらの情報から、めまいの原因が脳神経外科領域にあるかどうかを判断します。もし脳神経外科領域にあると判断された場合は、さらに画像検査や血液検査などを行って、病気の種類や程度を特定します。画像検査では、頭部のCTやMRIなどで脳の血管や神経の状態を詳しく見ることができます。血液検査では、炎症や感染の有無や、血液の凝固能力などを調べることができます。これらの検査結果から、最終的な診断を下します。

治療

脳神経外科領域で扱うめまいの治療法としては、病気の種類や程度によって異なります。脳血管障害の場合は、まず血管の詰まりや切れを治すことが重要です。血管の詰まりは、血液をサラサラにする薬や、血管にカテーテルを入れて詰まりを除去する手術などで治療します。血管の切れは、止血剤や、頭蓋骨を開けて出血を止める手術などで治療します。また、脳細胞の死を防ぐために、脳の代謝を改善する薬や、低温療法なども行われます。脳血管障害の後遺症として、めまいや麻痺などが残ることがあります。これらの症状を改善するためには、リハビリテーションが必要です。リハビリテーションでは、理学療法や作業療法などで、身体機能の回復や日常生活の自立を目指します。神経炎や神経鞘腫の場合は、まず炎症や圧迫を抑えることが重要です。炎症は、ステロイドなどの抗炎症薬や、免疫抑制剤などで治療します。圧迫は、腫瘍や血腫などの原因となるものを取り除く手術などで治療します。また、神経の伝達を改善するために、ビタミンB12などの神経栄養剤や、抗コリンエステラーゼ薬なども用いられます。神経炎や神経鞘腫の後遺症として、めまいや難聴などが残ることがあります。これらの症状を改善するためには、リハビリテーションや補聴器などの補助具の使用が必要です。リハビリテーションでは、聴覚や平衡感覚の訓練や、めまいを起こしにくくする体操などを行います。補聴器は、難聴の程度や原因に応じて、耳の中や外に装着するタイプなどがあります。補聴器の使用は、聴力の改善だけでなく、社会参加や精神的な健康にも有効です。

めまいは、脳の血管や神経の異常が原因となることがあります。これらの病気は、命に関わることもあるので、早期に診断して治療することが重要です。めまいの症状がある場合は、当院 脳神経外科に相談してください。

対象の診療科

受診について

ご受診をご希望の方は以下「受診のご案内」よりご確認ください。

疾患症状ガイド

気になる部位から探す

疾患・症状から探す

フリーワード検索

診療科から検索