臨床検査科

臨床検査科

臨床検査

『臨床検査ってなに?』
皆さんは体の不調を訴えて病院に来られた際、採血や検尿さらには心電図などの検査を受けられた経験はあるでしょうか?簡単に言うと、臨床検査とはそういった患者様の病気の診断や治療に役立てる検査のことをいいます。
臨床検査にはそれらの特徴から大きく分けて3つの部門から出来ています。患者様から採取した血液や尿などを最新鋭の分析機器を使って調べる検体検査 部門、心電図や超音波機器等を使い、患者様の身体に直接ふれて体内の変化を調べる生理検査部門、および身体の一部より採取した細胞や組織の標本を作り、顕 微鏡で病気の診断を行う病理部門です。

メールでのお問い合わせはコチラ アクセスはコチラ

ページの先頭へ