リハビリテーション科

リハビリテーション科

ご来院の方へ

お知らせトップへもどる

リハビリ科 第4回 野球塾に参加して

2016年11月12、13日に函館と瀬棚で第4回野球塾が開催されました。

今年も昭和大学整形外科学講座客員教授の筒井 廣明教授、昭和大学藤が丘病院の鈴木 昌先生、元横浜ベイスターズ監督の牛島 和彦氏、そして新たにセラ・ラボの安里 和也先生にお越しいただけました。

12日は函館市の花びしホテルで行われました。今年は『上手に投げる』というテーマで、主に選手を対象に投球を中心とした指導を行う第1部と、医療関係者などを対象にスポーツ障害の病態や原因についてわかりやすく伝える第2部に分けて行われました。

第1部では、鈴木先生が『投球の禁止・再開の判断』というテーマで講演して頂きました。また、牛島氏と安里先生は『実践野球塾 思い通りに投げるため』というテーマで講演して頂き、実際に選手への投球フォームの指導や実技指導など精力的に行っていました。何人かの選手は、一気にフォームが変わり会場はどよめいていました。

第2部では、筒井教授と安里先生が医療関係者へ、現場での投球障害のポイントについて詳しく説明されていました。投球だけでなく、姿勢のチェックや指の豆の位置、手首の皺をみることなど、細かいところまで分析するポイントを学ぶことができました。とても分かりやすく目から鱗とはまさにこのことでした♪

第1部と2部の休憩時間には、鈴木先生が選手を対象にエコーによる肘健診を開催し長蛇の列となっていました。

13日は、せたな町民体育館で行われ、約80名の方に参加して頂きました。前日同様、牛島氏と安里先生の実技講演では選手が真剣に耳を傾けながら、自分の投球フォームを見直していました。

そして鈴木先生の肘健診にも長蛇の列がありましたが、ちゃっかり私たちもエコーしてもらいまいた♪笑

我が新都市エース福井は、肘に古傷があるとの先生の診断であり、投球フォームをもう一度見直すように指導されていました。

私の場合は、全く問題なく驚きましたが、練習していないことを見事に指摘され練習をさぼっていたことがバレてしまいました。笑

今回の野球塾で、学んだことを明日からの臨床に応用するように取り組み頑張っていこうと感じた2日間でした。

文責:小玉 宜範

福井 郁

2016/12/10 (土) | rihastaff

リハビリ科 出前講座:トランスファー講習!!

平成28年6月10日、函館総合福祉センター(あいよる21)にてトランスファー講習を開催しました。

今回は函館市社会福祉協議会の介護ヘルパーの方々を対象に、寝返り・起き上がり・移乗についての介助方法を紹介しました。

前半は当院の理学療法士小玉による『車椅子、ベッド間移乗を中心とした介助の注意点』の講義から始まり、普段、腰痛に悩んでいるヘルパーの皆さんが多いということで、介助する際のポイントや注意点について説明しました。

緊張のせいか、表情が硬いです(笑)

後半は実技を行いました。ヘルパーの皆さんはとても積極的で、実技中は『このときの足の位置はどうしたらいいの?』、『手の位置はここでいいの?』など、たくさんの質問が飛び交い、会場はおおいに盛り上がりました!!

今回のトランスファー講習は参加して頂いたヘルパーさんとディスカッションしながら楽しく行え、1時間半の講義があっという間でした。また、改めて介助の方法について確認することや、分かりやすく伝えることの難しさを実感しました。この貴重な経験を今後の臨床に活かし、頑張っていこうと感じた1日でした♪♪

参加して頂いたヘルパーの皆様ならびに函館社会福祉協議会の皆様、ありがうございました。

文責:大村 慶樹

2016/06/25 (土) | rihastaff

リハビリ科 外来リハビリ通院中のギランバレー患者の単行本が発売!!!

2002年に発症したギランバレー症候群で現在当院外来リハビリに通院中の患者『たむらあやこさん(36歳)』が自身の闘病記をマンガにした単行本が2016年4月22日に全国発売となりました。Yahooニュース、北海道新聞、函館新聞に掲載されたほか、石川町の函館蔦屋書店では専門ブースが設置されています。

たむら あやこ

2002年に看護師として働いていた中、難病ギランバレー症候群を発症。2年ほど寝たきりとなり、医師から一生ほとんど寝たきり宣告をされるも、ピリオドの向こう側に挑戦し続け、手足の感覚が無くとも何とか漫画が描けるようになる。

文責:山村 広樹

2016/05/19 (木) | rihastaff

リハビリ科 送別会!

平成28年3月5日、退職される3名のスタッフの送別会が開催されました。

作業療法士の岡田光央さんです!新都市病院で8年間お疲れ様でした!転勤先は稚内と遠方となりましたが、新天地での成功を祈っています。

作業療法士の鈴木光則さんです!新都市病院で12年間お疲れ様でした!新しい勤務先でも頑張って下さい。

理学療法士の山根弘嗣さんです!新都市病院で10年間お疲れ様でした!旭川でも山根さんらしさを全力で出して頑張って下さい。

泣いている人もいましたが、最後は笑って集合写真!!同僚とのお別れは寂しいですが、残されたメンバーで頑張っていきます!!

文責:小谷 知大

2016/03/18 (金) | rihastaff

リハビリ科 昭和大学藤が丘リハビリテーション病院 見学研修

2016年2月28日(月)~3月4日(金)の1週間、神奈川にある昭和大学藤が丘リハビリテーション病院へ研修に行かせて頂きました。

当院では、2016年4月より、昭和大学藤が丘リハビリテーション病院の筒井 廣明教授が、月に2度診察に訪れスポーツ外来リハビリが開始されます。

スポーツ外来リハビリの経験を積むため、昭和大学藤が丘リハビリテーション病院では、筒井教授の外来診察の他に、リハビリテーション部で、スポーツリハビリや腱板損傷といった肩・肘疾患の患者様を多く見学させて頂きました。当院では、スポーツ外来リハビリ以外では、なかなか関わる機会が少ないため、藤が丘リハビリテーション病院での見学は、毎日新鮮でとても勉強になりました。

また、筒井教授の紹介で、藤が丘リハビリテーション病院だけでなく、水曜日の午後と最終日の金曜日には他院のリハビリテーションも見学することができました。どのスタッフの方も意識が高く、理学療法の根本となる評価~治療の考え方、技術を細かく学べ、刺激もたくさん受け有意義な研修となりました。

研修中、筒井教授には、ランチもたくさんご馳走になりました。また最終日の医院では、院長先生におしゃれなレストランに連れて行って頂きご馳走になりました。夜には、リハビリテーションのスタッフの方々と外部の先生とで飲み会まで開いて頂きました。先生方と色々な情報交換もでき、観光スポットも教えてもらい盛り上がりました。

あ!それから本州のお魚もとても美味しかったです♪

こんな貴重な機会を提供して頂き、筒井教授本当にありがとうございます。また3月以降もよろしくお願いします。

文責:小玉 宜範

2016/03/17 (木) | rihastaff

リハビリ科 リハビリテーション科研修会

平成28年2月6日(土)に研修会を開催致しました。

講師は、東京慈恵会医科大学付属病院 リハビリテーション科医師 高木 聡先生に依頼し『脳の機能解剖』をテーマにご講演頂きました。

内容は、脳の解剖からボツリヌス療法、失神など様々な分野について約1時間程お話されました。

参加者は、当院リハ科スタッフや実習生、医事スタッフなど約50名程参加しました。

アンケートでは、

『非常に分かりやすく勉強になった』

『脳画像を診る時のポイントやリスク管理を改めて学ぶことが出来て良かった』

など非常に好評でした。

高木先生には、お忙しい中、たくさんのスライドを作成して頂き有難うございました。この場を借りて感謝申し上げます。

文責:山村 広樹

2016/02/13 (土) | rihastaff

リハビリ科 大忘年会!!!

平成27年12月19日函館国際ホテルで『医療法人雄心会 函館新都市病院 大忘年会』が開催されました。一年の苦労をねぎらいながらみんなで飲んで食べて騒ぎました~笑

今年もリハビリテーション科は余興に参加しました!

リハビリテーション科のテーマは『ミュージックステーション』でした!!!笑

みんな仕事終わりに集まってネタや流れなどの構成を考えたり、ダンスの練習をしていましたね。

みんなでひとつのことを成し遂げるという事が少ないため、準備や練習の時間はとても楽しかったです。

是非、来年も忘年会では余興に参加したいと思います!!

今年もイベントがあればどんどんブログ更新していくので、今年もよろしくお願いします。

文責:福井 郁

2016/02/01 (月) | rihastaff

リハビリ科 rTMS治療と集中的作業療法の併用について

道内初のrTMS治療の取り組みについて平成27年11月27日発行の北海道医療新聞に掲載されました。

当院では反復性経頭蓋磁気刺激装置(rTMS)と作業療法との併用を行った結果、約50症例中7割以上で機能的向上を認めました。

rTMS治療に関してご相談やお問い合わせが御座いましたら、いつでもご連絡をください。

TMS治療に係る外来予約/お問い合わせ

医療法人雄心会 函館新都市病院 医療支援課

電話:0138-46-1321/FAX:0138-46-1351

←クリックしたら拡大します。

文責:山村 広樹

2015/12/17 (木) | rihastaff

リハビリ科 第11回雄心会研究発表会開催!!

平成27年9月27日、函館国際ホテルにて『第11回雄心会研究発表会』が開催されました。

今回のテーマは『思いやり~人に優しい医療を実践しよう』です。

参加者は過去最高の278名であり法人内各施設の行われている研究など18演題が発表され、活発なディスカッションが行われました。その他に、特別講演と『クセになる病院づくりプロジェクト』シンポジウムがありました。

特別講演では全盲の写真家 大平 啓朗さんが御講演されました。

大平さんは大学時代に視力を失いましたが、趣味のカメラを片手に全国を旅している写真家です。

お話の中で、撮影は「音」「温度」「匂い」「空気の流れ」を感じてシャッターを切るとのことで非常に興味深い内容でした。また、入院した際の経験談や全盲になって気づいた事も話していただき、患者様の目線や気持ちを知ることができ、日々の臨床で活かせる話もありました。

おーちゃん。ありがとう!!!

シンポジウムでは法人内各病院・施設の事務長らが行ってきた魅力ある病院づくりの取り組みを報告していました。

今年はリハビリテーション科からの演題はありませんでしたが、来年の研究発表会ではリハビリテーション科からも演題を出せるように取り組んでいきたいと思いました。

文責:福井 郁

2015/11/14 (土) | rihastaff

リハビリ科 職員厚生会 観楓会開催!!

平成27年10月16日、23日の職員厚生会主催による観楓会が函館山にある『センティール・ラ・セゾン』にて行われました。

普段は結婚式場として使われているお店ですがコース料理は非常においしく、又お店も非常に雰囲気が良く、機会があればまた行きたいと思いました。

途中、景品をかけたゲームではなんと!当科の科長がGetしました!

センティールさんのご厚意でデザートビュッフェもありました。

他部署の方とも交流を深めることができ、来年の観楓会も楽しみです。

文責:福井 郁

2015/11/14 (土) | rihastaff

メールでのお問い合わせはコチラ アクセスはコチラ

ページの先頭へ