リハビリテーション科

リハビリテーション科

ブログ

お知らせトップへもどる

リハビリ科 第1回日本スティミュレーションセラピー学会学術大会に参加しました!

2019年8月3~4日、福島県にあるホテル華の湯にて第1回日本スティミュレーションセラピー学会学術大会が開催されました。今回は「より高みを目指して」をテーマに行われました。

(写真:発表者の坂本)

今回、「複数回のNEURO15の効果の検証~STEF・JASMIDに着目して~」という演題で発表を行いました。初めての発表であり緊張もしましたが、無事発表を終える事ができほっとしました。発表後には参加している方々との意見交換を行うこともでき有意義な学会となりました。
第1回の学会ということもあり様々な分野の先生方の講義も聞くことができました。3日の特別講演では「Muse細胞による再生医療について」東北大学脳神経外科、神経外科先端治療開発学分野教授の新妻邦泰先生、4日には「脳卒中リハビリテーションにおけるMRI拡散テンソルトラクトグラフィとrTMS治療」について東京リハビリテーションセンター世田谷センター長、原寛美先生がそれぞれの分野での最新の大変興味深い話題をお話しして下さいました。また東京慈恵会医科大学リハビリテーション医学講座、主任教授の安保雅博先生からは「これまでの総括と、これからの学会に期待すること」についてお話があり、エビデンスを明確にしていく必要性や、評価の重要性について知ることができ今後私たちがすべきことがより明確になったように感じました。
本学会に参加し著名な先生方の話をたくさん聞くことができ、とても貴重な経験になりました。

学会後は懇親会にも参加してきました。
第1回目の学会ということもあり、途中鏡開きも行われました。福島県の美味しいご飯を頂きながら、他院のリハスタッフや教授の方々と意見交換を行う事ができ、とても楽しく有意義な時間を過ごすことができました。

今回の学会を通じて学んだことを、今後の治療にも活かしていきたいと思います。

文責:坂本龍一

2019/09/27 (金) | rihastaff

リハビリ科 リハビリテーション科BBQ!!

令和元年7月28日、8月6日、8月8日に福利厚生の一環として、リハビリテーション科のスタッフでBBQを行いました!

2回の開催予定でしたが、40名以上と参加者が多く、3回に分けての開催となりました!!!!

とても暑い日が続き、熱気ある中汗だくで行いましたが…野菜やお肉の種類も多く、楽しく美味しく食べることができました(●^o^●)

お肉だけでなく、カレーとバターコーンが絶品でした!!!!!(また食べたい!)

スタッフの子供たちも参加して一緒に遊んだり、普段なかなか交流できないスタッフと話せたりすることで、大いに盛り上がる会となりました!!

企画や買い出しをしてくれたスタッフに感謝感激です!

ありがとうございました\(^o^)/

また来年にも期待したいです(//ω//)♡

文責:藤田 晃子

2019/09/22 (日) | rihastaff

リハビリ科 ~阿部療法士長へ~

約10年前、当時職場長であった私は組織を纏めるために必要なことは何なのか、人材育成の方法などわからず四苦八苦しておりました。

そんな中、阿部先生が当院で職場長として働くことになりました。

9年間一緒に働いて一番の違いは、先生には夢(ビジョン)があり、常にそれに向かって進んでいました。

当時の自分は目の前しか見ておらず、その場しのぎだったと感じています。

患者さんのためにスタッフの反対を押し切って365日体制にし、チーム力を向上させるためにチーム体制を導入し、最新の医療機器を取り入れ患者さんに、最善・最良の治療を提供できる環境を作りました。

また、地域貢献にも力を入れ、南渡島地域リハビリテーション推進会議の事務局として道南圏域の患者さんが住み慣れた町で生き生きと生活するためにはどうすれば良いか、啓蒙活動を行っておりました。

9年間経った現在リハビリスタッフは60名を超え、道南一のスタッフ数になりました。

全ては患者さんのために対する想いの結果だと感じています。

8月16日、阿部先生の送別会が行われました。リハビリスタッフのみならず、医師や事務長、退職された方、中には青森からかけつけたスタッフもおり、総勢60名以上の人たちで行われました。

最後になりますが、阿部先生が9年間かけて作ってくれた組織を、微力ではありますがより良いものに作っていきたいと考えています。

9年間お疲れ様でした。一緒に働かせて頂いたことをこの場を借りて感謝申し上げます。

本当に有難う御座いました。

文責:山村 広樹

2019/09/22 (日) | rihastaff

リハビリ科 スタッフインタビュー♪No.2

2016年入職、4年目の言語聴覚士 大村 麗菜さん

2017年入職、3年目の言語聴覚士 竹内 里江さんにインタビューしました!

_大村さん、竹内さんお疲れ様です!

大村、竹内:お疲れ様です~

_函館新都市病院に入職して、3年目、4年目になりますがどんな3、4年目でしたか?

大村:あっという間・・・(笑)いつのまにか4年目になってました(笑)

竹内:あっという間・・・(笑)3年目に気付いたらなってました。

_そんなお2人はなぜ函館新都市病院を選んだんですか?

大村:函館の脳外科といえば2つあって、急性期ってなったら、ここ!!!って思って入りましたね!

_大村さんは実習に来てなかったのですか?

大村:この病院は実習先ではなかったです!

_そうなんですね!竹内さんはなぜこの病院に?

竹内:実習先がこの病院で。10週間いて急性期も回復期も見れたのでここが一番かな~と思いました。

_なるほど・・・この病院にきてやりがいを感じたことは?

大村:患者さんがご飯とか食べれるようになったり、良くなってきたら自分頑張れたかな~って思う。よかった…って(^_^;)

竹内:患者さんが経口摂取できるようになったことです!!!!

_言語聴覚士のお2人にやりがいを聞かせてもらいました!

さて、最後に…。お2人のリハビリテーション(プロフェッショナル)とは!

大村:人生の分岐点!私ら自身だと思いますよ。実力次第で患者さんも変わってきますしね(笑)

竹内:患者さんを笑顔にさせること!

_貴重な時間、ありがとうございました!

今回のゲスト:大村 麗菜

:竹内 里江

インタビュアー:川口 紗耶

2019/08/25 (日) | rihastaff

リハビリ科 回復期病棟 集団レクレーション~夏祭り~

令和元年8月7日、回復期リハビリテーション病棟集団レクにて、今回は夏祭りが開催されました!

当日は、回復期病棟以外に入院されている患者様も参加され、大いに盛り上がりました!(^^)!

昨年と同様、今回も射的とヨーヨー釣りが行われました。

射的でほしい景品を当てて嬉しそうに持ち帰る方や、

お孫さんのためにヨーヨー釣りを頑張る方もいました。

皆様のたくさんの笑顔を見れて嬉しかったです。

ご協力して下さった患者様、スタッフの皆様、お忙しい中ありがとうございました。

この夏祭りが皆様にとっていい思い出になれたら幸いです!

文責:村上 雄亮

川口 紗耶

2019/08/20 (火) | rihastaff

リハビリ科 第70回北海道理学療法士学術大会に参加してきました

令和元年6月22、23日帯広市民文化ホールにて開催された、第70回北海道理学療法士学術大会「AI・loTビックデータ・ロボティックス時代における理学療法士の存在意義」に参加、演題発表を行ってきました。

22日は「単関節型HALの効果について」演題発表を行いました。

足につけた効果と歩行変化について、ブースには20人くらいの人でしょうか、発表をきいてくださいました。

ポスター演題の周りには4ブースあり、常に100人前後の人が行き交っていました。

22日の特別講演では「脳科学から新体制システム科学へ~理学療法あるいはリハビリテーション医療の方向性」をテーマに畿央大学の森岡 周先生が、23日は「リハビリテーション医学・医療~変化への適応をデザインする~」をテーマに慶応義塾大学の里宇 明元先生が、同じく慶応義塾大学の金子 文成先生が「スマートリハの実際と療法士の将来像」をテーマに講演を行ってくださいました。

大変著名な先生方のお話を聞いて時間ギリギリまで学会に参加してきました。

先生方の講演を聞くと、5年後~10年後はもっと簡単に臨床データが取れるのではと期待を抱かせてもらいました。

文責:波田 耕祐

2019/07/26 (金) | rihastaff

リハビリ科 回復期リハビリテーション病棟集団レク~七夕祭~

令和元年7月3日、回復期リハビリテーション病棟集団レクとして、今回は七夕祭が開催されました(^_^)

患者様やスタッフも短冊に願いごとを書き・・・

みんなで飾りました。

「自宅に帰りたい。」

「妻に楽をさせてあげたい。」など様々な願いごとが書かれており、願いごとを書きながら泣いてしまう方もいらっしゃいました。

ご協力して下さった患者様・スタッフの皆様、ありがとうございました。

皆様の願いごとが叶いますように。

文責:川口 紗耶

2019/07/16 (火) | rihastaff

リハビリ科 第50回作業療法学会学術大会に参加してきました。

2019年6月8~9日、ロイトン札幌にて第50回北海道作業療法学会学術大会が開催されました。今回は、「作業療法の実践と科学 ~広がる適応 問われる効果~」をテーマに行われました。

当院からは作業療法士の丸山が「自主プログラムに焦点を当てた介入が生活行為障害の改善に繋がった症例」をテーマにポスター演題部門で発表を行いました。

~丸山の所感~(無事に発表を終えた丸山氏 写真左側)
今回、『自主プログラムに焦点を当てた介入が生活行為障害の改善に繋がった症例』を演題にポスター発表を行いました。他施設に勤務する作業療法士の方々と患者様が自分で運動を行う事の重要性と運動を継続してもらう方法について意見交換を行う中で私の知識も深めることができ、有意義な時間を過ごす事が出来ました。

50周年記念大会ということで様々な分野についての研修会やワークショップなども多く、とても勉強になるお話を聞く事が出来ました。研修会では、鹿児島大学名誉教授の川平和美先生より「片麻痺上肢へのリハビリテーション治療の革新を」というテーマに、リハビリの治療効果や今後の展望を講演で聞くことが出来、とても貴重な経験になりました。

この経験をこれからの治療に活かしていきたいと思います。

文責:大村 慶樹

丸山 徹也

2019/07/11 (木) | rihastaff

リハビリ科 回復期リハビリテーション病棟集団レク~魚釣り大会~

令和元年5月22日、回復期リハビリテーション病棟で集団レクとして、魚釣り大会が行われました。

魚の裏には得点が書いてあり、みなさん慎重に、釣っていました(^^)

患者様同士の協力、交流もあり、笑顔あふれる楽しい会になりました!

ご協力してくださった患者様・スタッフの皆様、ありがとうございました。

文責:工藤 瞳

2019/06/03 (月) | rihastaff

リハビリ科 2019年度~新入職員紹介~

今年度もリハビリテーション科に新入職員が入職しました!(^o^)

理学療法士5名、作業療法士1名、言語聴覚士1名の計7名が入職しましたので、一人ずつ名前、出身学校(前職場)、意気込みを紹介したいと思います!

まずは理学療法士5名です。

名前:久保 彰平(くぼ しょうへい)

出身校:北海道千歳リハビリテーション学院

「至らない点も多々あるかと思いますが、一生懸命頑張ります」

名前:長内 莉奈(おさない りな)

出身校:仙台青葉学院短期大学

「精一杯頑張るのでよろしくお願い致します」

名前:新井田 彩果(にいだ あやか)

出身校:北海道科学大学

「先輩方から多くのことを吸収して、一生懸命頑張りたいです。患者様の元気を引き出せるPTになりたいです。よろしくお願いします。」

名前:木村 拓武(きむら ひろむ)

出身校:札幌医学技術福祉歯科専門学校

「先輩方や患者様からたくさんの事を学んで、社会人としても理学療法士としても成長できるように頑張ります」

名前:小池 真由(こいけ まゆ)

出身校:北海道リハビリテーション大学校

「早く患者さんと病院のスタッフの方々となじめるように頑張ります」

作業療法士です!

名前:野崎 翔大(のざき しょうた)

出身校・前職場:北海道リハビリテーション大学校→北斗病院

「既卒ですが、フレッシュな気持ちで頑張ります」

言語聴覚士です!

名前:磯野 珠那(いその じゅな)

出身校:札幌医学技術福祉歯科専門学校

「患者様に寄り添うことができるセラピストになりたいです」

今年度もたくさんの新しいスタッフが入職しました。

今年度は昨年度よりさらに気を引き締めて、レベルアップの1年に出来るよう新人共々、全力尽くして頑張っていきます!

文責:川口 紗耶

2019/05/23 (木) | rihastaff

メールでのお問い合わせはコチラ アクセスはコチラ

ページの先頭へ