リハビリテーション科

リハビリテーション科

ブログ

お知らせトップへもどる

リハビリ科 第70回北海道理学療法士学術大会に参加してきました

令和元年6月22、23日帯広市民文化ホールにて開催された、第70回北海道理学療法士学術大会「AI・loTビックデータ・ロボティックス時代における理学療法士の存在意義」に参加、演題発表を行ってきました。

22日は「単関節型HALの効果について」演題発表を行いました。

足につけた効果と歩行変化について、ブースには20人くらいの人でしょうか、発表をきいてくださいました。

ポスター演題の周りには4ブースあり、常に100人前後の人が行き交っていました。

22日の特別講演では「脳科学から新体制システム科学へ~理学療法あるいはリハビリテーション医療の方向性」をテーマに畿央大学の森岡 周先生が、23日は「リハビリテーション医学・医療~変化への適応をデザインする~」をテーマに慶応義塾大学の里宇 明元先生が、同じく慶応義塾大学の金子 文成先生が「スマートリハの実際と療法士の将来像」をテーマに講演を行ってくださいました。

大変著名な先生方のお話を聞いて時間ギリギリまで学会に参加してきました。

先生方の講演を聞くと、5年後~10年後はもっと簡単に臨床データが取れるのではと期待を抱かせてもらいました。

文責:波田 耕祐

2019/07/26 (金) | rihastaff

リハビリ科 回復期リハビリテーション病棟集団レク~七夕祭~

令和元年7月3日、回復期リハビリテーション病棟集団レクとして、今回は七夕祭が開催されました(^_^)

患者様やスタッフも短冊に願いごとを書き・・・

みんなで飾りました。

「自宅に帰りたい。」

「妻に楽をさせてあげたい。」など様々な願いごとが書かれており、願いごとを書きながら泣いてしまう方もいらっしゃいました。

ご協力して下さった患者様・スタッフの皆様、ありがとうございました。

皆様の願いごとが叶いますように。

文責:川口 紗耶

2019/07/16 (火) | rihastaff

リハビリ科 第50回作業療法学会学術大会に参加してきました。

2019年6月8~9日、ロイトン札幌にて第50回北海道作業療法学会学術大会が開催されました。今回は、「作業療法の実践と科学 ~広がる適応 問われる効果~」をテーマに行われました。

当院からは作業療法士の丸山が「自主プログラムに焦点を当てた介入が生活行為障害の改善に繋がった症例」をテーマにポスター演題部門で発表を行いました。

~丸山の所感~(無事に発表を終えた丸山氏 写真左側)
今回、『自主プログラムに焦点を当てた介入が生活行為障害の改善に繋がった症例』を演題にポスター発表を行いました。他施設に勤務する作業療法士の方々と患者様が自分で運動を行う事の重要性と運動を継続してもらう方法について意見交換を行う中で私の知識も深めることができ、有意義な時間を過ごす事が出来ました。

50周年記念大会ということで様々な分野についての研修会やワークショップなども多く、とても勉強になるお話を聞く事が出来ました。研修会では、鹿児島大学名誉教授の川平和美先生より「片麻痺上肢へのリハビリテーション治療の革新を」というテーマに、リハビリの治療効果や今後の展望を講演で聞くことが出来、とても貴重な経験になりました。

この経験をこれからの治療に活かしていきたいと思います。

文責:大村 慶樹

丸山 徹也

2019/07/11 (木) | rihastaff

リハビリ科 回復期リハビリテーション病棟集団レク~魚釣り大会~

令和元年5月22日、回復期リハビリテーション病棟で集団レクとして、魚釣り大会が行われました。

魚の裏には得点が書いてあり、みなさん慎重に、釣っていました(^^)

患者様同士の協力、交流もあり、笑顔あふれる楽しい会になりました!

ご協力してくださった患者様・スタッフの皆様、ありがとうございました。

文責:工藤 瞳

2019/06/03 (月) | rihastaff

リハビリ科 2019年度~新入職員紹介~

今年度もリハビリテーション科に新入職員が入職しました!(^o^)

理学療法士5名、作業療法士1名、言語聴覚士1名の計7名が入職しましたので、一人ずつ名前、出身学校(前職場)、意気込みを紹介したいと思います!

まずは理学療法士5名です。

名前:久保 彰平(くぼ しょうへい)

出身校:北海道千歳リハビリテーション学院

「至らない点も多々あるかと思いますが、一生懸命頑張ります」

名前:長内 莉奈(おさない りな)

出身校:仙台青葉学院短期大学

「精一杯頑張るのでよろしくお願い致します」

名前:新井田 彩果(にいだ あやか)

出身校:北海道科学大学

「先輩方から多くのことを吸収して、一生懸命頑張りたいです。患者様の元気を引き出せるPTになりたいです。よろしくお願いします。」

名前:木村 拓武(きむら ひろむ)

出身校:札幌医学技術福祉歯科専門学校

「先輩方や患者様からたくさんの事を学んで、社会人としても理学療法士としても成長できるように頑張ります」

名前:小池 真由(こいけ まゆ)

出身校:北海道リハビリテーション大学校

「早く患者さんと病院のスタッフの方々となじめるように頑張ります」

作業療法士です!

名前:野崎 翔大(のざき しょうた)

出身校・前職場:北海道リハビリテーション大学校→北斗病院

「既卒ですが、フレッシュな気持ちで頑張ります」

言語聴覚士です!

名前:磯野 珠那(いその じゅな)

出身校:札幌医学技術福祉歯科専門学校

「患者様に寄り添うことができるセラピストになりたいです」

今年度もたくさんの新しいスタッフが入職しました。

今年度は昨年度よりさらに気を引き締めて、レベルアップの1年に出来るよう新人共々、全力尽くして頑張っていきます!

文責:川口 紗耶

2019/05/23 (木) | rihastaff

リハビリ科 院内研修会

平成31年3月23日(土)に北海道科学大学講師の春名弘一先生をお招きして装具療法について勉強会を開催致しました。講義内容は歩行のバイオメカニクス、ロッカー機能、装具のポイントなど実技を交えて分かりやすく説明して下さいました。また症例検討として当院から3名の装具使用の患者様を動画を用いて提示、先生から歩行分析や装具選定などのアドバイスを頂き非常に勉強になりました。講習会は非常に盛り上がり、終了後もたくさんのスタッフが先生の所に集まり質疑応答をしていました。また企画したいと考えておりますので是非来て頂ければ幸いです。この場をお借りして年度末のお忙しい中、お越し頂きありがとうございました。

文責 山村 広樹

2019/04/09 (火) | rihastaff

リハビリ科 愛する菊池さんの送別会

函館新都市病院で10年間勤務してくれた作業療法士の菊池和実さん(旧姓 福士)が退職することとなり、先日送別会を行いました。10年間の功績を称え、1次会はLa Cucina VENTITREで、素敵な雰囲気の中、素敵なイタリアンで、菊池さんとの最後の晩餐(笑)を楽しみました。

菊池さんからは、みんなへの温かいメッセージも頂き、スタッフからは温かい温かいメッセージも手作りアルバムも贈呈されました。

10年間を思い返すと本当にたくさんのことがあり、1年目から先輩たちにたくさんしごかれながらも熱心に勉強し続け、小さな体で着々と技術を磨き、患者様の機能回復に毎日、毎日全力で治療をしてくれました。患者様からの信頼は厚く、時には痛い所に手の届きすぎる治療を展開し、『小悪魔』というあだ名が出ることもありました。

後輩からは治療の相談を受けることが多く、とても熱心に指導してくれました。いつもおばあちゃんのように早起きをしており、段取り良くお仕事をしてくれて本当に頭が下がる思いです。

そして仕事終わりにはありとあらゆる話をし、恋バナにも花を咲かせたことは一生忘れません。

お泊り会でワインボトルをペロッと2人で飲み空けたことも忘れません。

今となってはすべてが素敵な思い出ですが。本当は思い出にしたくなかったのが本音です(笑)

ずっといてほしかったーーーーーーーーーーーーー・・・。

いつの間にか今はもう素敵な奥様となり、本当に嬉しくも、悲しいお別れのときがやってきてしまいました。北海道を離れても、函館新都市病院のことをいつも考えていて下さい。(笑)

そして函館に来たときは、必ず寄って下さいね!!必ず!!必ず!!(笑)

・・・・・10年間本当にありがとう✿・・・・・

文責:作業療法士 兼 菊池和実の姉 蓮田 純子

2019/04/08 (月) | rihastaff

リハビリ科 スタッフインタビュー♬No.1

2016年入職、来年度4年目の作業療法士 大村 慶樹さんにインタビュー!!

_大村さんこんにちは!

大村:こんにちは

_大村さんは函館新都市病院に入職してもう4年目になりますね~

大村:そうですね~。あっという間でした・・・。

_どのような3年間でしたか?

大村:入職1年目は急性期病棟で働いていました。最初は慣れないことばかりで、戸惑ってばかりでしたが、優しい先輩や厳しい先輩(笑)に支えられ、有意義な1年だったなー。

_2・3年目はどうでしたか?

大村:2年目から回復期病棟に異動になりました。回復期では患者様の生活場面に関わることが多く、作業療法士としてやりがいを感じ、とても楽しくリハビリが出来ました!!

_やりがいを感じている大村さん!素敵ですね☆では・・・。一番思い出に残っていることはなんですか??

大村:それは・・・。どっちのことですか!?

_両方ともお願いします!!!

大村:仕事面は、回復期病棟に入って家屋調査を行ったことですね。実際の生活環境の中で、患者様の生活を想定した環境面の調整やリハビリを提供することができて、より患者様に寄り添ったリハビリが出来たことです!!!!!!!!

プライベートは・・・。昨年結婚しました(笑)

_いやー本当に素晴らしい式でした!とても楽しかったです!!

末永く、お幸せに、プライベートも仕事も頑張ってください!!!

_では、最後に・・・。あなたにとってのリハビリテーション(プロフェッショナル)とは?

大村:患者様との共同作業。リハビリはひとりでは出来るものではありません。患者様に寄り添って歩むのがリハビリテーションだと思います。

_ありがとうございました!!

ゲスト:大村 慶樹

インタビュアー:川口 紗耶

編集:小玉 宜範

2019/03/23 (土) | rihastaff

リハビリ科 同期の送別会

平成30年12月15日、退職するスタッフの送別会を開催しました。

理学療法士の若松寛宜くん、約5年間お疲れ様でした。

先輩や同期で、改めて話す思い出話もいろいろありました。

二次会も開催され、同期3人ではっちゃけまくりでした。

新しい勤務先でも、これから以上に活躍されることを願っています!

文責:飯田 早織

2019/02/19 (火) | rihastaff

リハビリ科 熱い、熱い野球塾!!

11月17~18日、函館とせたな町で第6回野球塾を開催しました。

第6回のテーマは、『フォームで悩んだらセルフチェック』でした。

講師は今年ももちろん、昭和大学整形外科学客員教授の筒井 廣明先生、昭和大学藤が丘病院の鈴木 昌先生、元横浜ベイスターズ監督の牛島 和彦氏、セラ・ラボの山口 光圀先生の最強メンバーでした。

函館、せたな町ともに合計120人もの選手が参加しており、とても活気のある野球塾になりました(^^)v

そしてなんと!!

今回は『球威の向上に向けて』というタイトルで当院PT小玉が、『コントロール向上に向けて』というタイトルで当院PT本堂が発表させて頂きました。

講師の先生方は、セルフチェック時に行うストレッチの具体的な方法や身体の使い方を、実技を交えて講演されていました。

また例年行っている肘検診の結果についても分かりやすく説明されており、選手や指導者も真剣に聞き入っていました。

せたな町では、ボール回しも交えて指導されており、最高に盛り上がっていました!(^^)!

そして私達の発表はと言うと、選手や指導者の方から『分かりやすかった』との声を頂き、さらに尊敬する先生方からも『良かったよ』という一言を頂けたので『大!!!』成功ということにしています♪笑

野球塾に向けて、夏ごろから選手と一緒に取り組みつつ、筒井先生、リハビリテーション科スタッフのみなさんに何度もご指導を頂き、結果が出せたので一安心しています。

ちなみに、ぶっちゃけですが前日プレ発表での筒井先生のオーラは、今までで1番迫力がありました。。。

前日のプレ発表の方がプレッシャーがあったので本番のほうが、良い意味でリラックスできたと思います!!笑

また来年も『熱い』野球塾を乞うご期待ください!!!

文責:小玉 宜範

本堂 里佳

2018/12/14 (金) | rihastaff

メールでのお問い合わせはコチラ アクセスはコチラ

ページの先頭へ