函館新都市病院ホーム診療支援部リハビリテーション科ブログ > 上肢機能訓練装置NESSが導入されました

リハビリテーション科

リハビリテーション科

ブログ

お知らせトップへもどる

リハビリ科 上肢機能訓練装置NESSが導入されました

令和2年7月14日(火)、当院にNESS H200 Wirelessが導入され、説明会が開催されました。NESSとは表面電極を用いた機能的電気刺激装置です。脳卒中・脊髄損傷などの中枢神経障害による上肢の運動麻痺が対象です。

筋力増強、関節可動域の改善による手指機能改善だけでなく、局所血流の増加、筋肉のこわばりの減弱、むくみの改善などの効果があると言われています。

片手でも装着が可能で簡便であり、安全性が高いため、高齢者でも使用できるそうです。麻痺で困っている多くの患者さんにとって自立の一助になると期待されています。

説明会の様子です。

実際の装置です。

NESSを使って治療を行っている場面です。

これからも新しい治療を取り入れて、患者様に還元できるよう頑張っていきます。

文責:佐藤 昇太

福士 琢哉

2020/08/19 (水) | rehastaff

メールでのお問い合わせはコチラ アクセスはコチラ

ページの先頭へ