函館新都市病院ホーム診療支援部リハビリテーション科ブログ > スタッフインタビューNO.6

リハビリテーション科

リハビリテーション科

ブログ

お知らせトップへもどる

リハビリ科 スタッフインタビューNO.6

当院リハビリテーション科 石田亮介療法士長にインタビューしました!

:これまでの経歴を教えて下さい。

石田:理学療法士には平成5年から始めて主に整形外科や脳神経外科のある病院で27年間働いていました。ここには令和2年からになりますね。


_:実際に来てみて、リハビリテーション科の雰囲気はどうですか?

石田:スタッフが60人越えているのは知っていたので、大なり小なりの課題が沢山あるのかなと思っていましたけど、それ程感じてはいません。今はみんな仲良しで良い雰囲気だなと思っています。

_:リハビリテーション科の面白いと思うところは何ですか?

石田:面白いところ・・・回復期や急性期のチーム体制がすごく徹底しているというのが組織の仕組みとしては、おもしろいな~と思います。後は部会の活動が活発なのも面白い所の一つですね~

新型コロナウイルスの影響で思った通りの部会活動や飲み会、忘年会も中々出来てないから、まだまだ面白い所がきっとあるんだろうなと思ってるんですけどね。飲み会とかでもうちょっとみんなの本性とか知りたいな~って思ってます。

_リハビリテーション科のこうしたらもっと良くなると思う所はありますか?

石田:医療機器をもっと活用していきたいですね。

HALやウォークエイド、NESS、PASS、TMSといった機器があって傍から見たらフル装備であるんですかっていう病院なので、もっと活用・宣伝していきたいですね。患者様のニーズがある機器が揃っているから活性化させたいなと思います。

_:ずっとPTを続けていられるモチベーションは何ですか?

石田:最初の20年くらいは患者さんからの笑顔とか、ありがとうとか、退院するときに一緒に泣いたりして近い距離で関われました。後半は自部署の管理業務がメインでしたが、管理をする上でもまだまだ知らないことがたくさんありました。コミュニケーションスキルや5S活動なんかも改めて勉強すると面白みを感じたりします。別世界の話なので、それが今のモチベーションになってます。

_:リハビリテーション科の今後の展望・目標をお聞かせ下さい!!

石田:みんなが仕事しやすい職場を作ることかな。基盤としてはある程度出来上がっている組織だから相当な力を秘めていると思いますよ。

本日のゲスト:石田 亮介

インタビュアー:飯田 早織

大門 祐貴

三浦 潤也

2021/03/25 (木) | rehastaff

メールでのお問い合わせはコチラ アクセスはコチラ

ページの先頭へ