函館新都市病院ホーム診療支援部リハビリテーション科ブログ > スタッフインタビューNo.5

リハビリテーション科

リハビリテーション科

ブログ

お知らせトップへもどる

リハビリ科 スタッフインタビューNo.5

理学療法士13年目の中野哲学さんにインタビューさせて頂きました!

-お疲れ様です!よろしくお願いします!

中野:よろしくお願いします。

-現在までの経歴をお聞きしてもいいですか?

中野:専門学校を卒業後、函館市内の病院に入職して、そこで13年働き、7月にここの病院に来ました。

新都市病院で働いてみて、リハ科の印象・雰囲気はどう感じましたか?

中野:一言で言えば、会社みたいですね。いっぱい人がいますから。チームが違うと、まだ話したことない人がたくさんいます。大企業に就職したみたいですね笑。

-確かに多いですよね。自分もまだ話をした事が無い人がいますよ笑。

-仕事が休みの日は何をしてますか?

中野:家庭菜園が趣味で、色んな野菜を育てています。最近、小型耕運機も買ったんですよ。

-へえ~~。何を育ててるんですか。

中野;枝豆とかミニトマトとか、結構いろいろ挑戦していますね毎年。来年は小玉スイカを育てたいですね。

-すごいですね!ぜひ食べたいです笑

-では最後の質問です。あなたにとってリハビリとは何ですか。

中野:自分や患者さんにとって楽しいリハビリをやりたいなと思っています。同じ運動でもどうせやるなら楽しい方がいいのかなと。

ー確かに中野さんのリハビリを見てると楽しそうだなと感じます。中野さんが入ってリハ科の雰囲気もさらに明るくなりましたよね。

中野:ありがとうございます。今後は寡黙な人への話し方をどうしていくかが課題ですね笑。

ー確かに難しいですね。

では以上で終わりたいと思います。ありがとうございました。

本日のゲスト:中野 哲学

インタビュアー:佐藤 昇太

福士 琢哉

2021/03/25 (木) | rehastaff

メールでのお問い合わせはコチラ アクセスはコチラ

ページの先頭へ