リハビリテーション科

リハビリテーション科

ブログ

お知らせトップへもどる

リハビリ科 忘年会

平成29年12月22日、ベルクラシック函館にて忘年会が行われました(^^)

例年と同じく、各部署から様々な余興や大抽選会が行われました。

リハビリテーション科では、ブルゾンちえみ、バブリーダンス、ドリキンボーイズの3つを行いました!

リハビリテーション科の男子チームは2年連続で体を張った内容に挑戦!余興とはいえ、笑いをとるにも全力なのが素晴らしいですね。。。(^_^;)笑

しかも、ただ笑いをとるだけではありません。みんなで遅くまで残り、振り付けや並び方を工夫して練習を重ねた甲斐もあって、出来も大好評!

その結果、リハビリテーション科は今年も優勝することができました!

来年の忘年会も余興で3年連続優勝を目指して頑張りたいと思います!!\(^o^)/

文責:松原 栄一

2018/01/24 (水) | rihastaff

リハビリ科 第5回 函館野球塾に参加してきました!!

平成29年11月17、18日、第5回野球塾が函館とせたな町で開催され、昭和大学整形外科学客員教授の筒井 廣明教授が今年も来函してくださいました。

その他講師の先生方は、昭和大学藤が丘病院の鈴木 昌先生、元横浜ベイスターズ監督の牛島 和彦氏、セラ・ラボの山口 光圀先生で今年も豪華な講師陣が野球塾に参加して頂けました!!

野球塾の開始前は、恒例の鈴木先生の肘検診があり、選手全員がエコーで診てもらっていました。

今年の野球塾のテーマは『選手を育てるために』でした。

第一部の講演は、選手に向けて『将来のために、今必要なこと』として、牛島氏、山口先生、『超音波検診結果からのアドバイス』として鈴木先生より、2題とも熱いお話を聴くことができました。

鈴木先生は、自らトレーニングの実演を選手と一緒に行い場を盛り上げてくれていました♪

牛島氏と山口先生からは、基礎トレーニングとして、グラブの根本的な使い方やスナップスローの向上方法といった技術面の話に加え、冬場での体幹、下肢といったトレーニングの重要性や身体を大きくするための食事のとり方なども詳しく教えて頂きました。

また何人かの選手のフォームチェックを牛島氏が行い、すぐにフォームが変わっていくため、選手も感激していました。

第2部は『みる、聴く、触れるがいかに大切か』というテーマで山口先生の講演でした。

疼痛が出たときの根本的な考え方、選手への接し方、プロ野球の裏話など2時間盛りだくさんの内容を今年も具体的に聴けました。

次の日のせたなでの講演も大盛り上がりでした♪

今年も野球塾に参加でき、とても、とても勉強になりました(^^)

毎日の臨床、来年度の病院対抗戦野球大会『優勝』を目指し、冬場のトレーニングにも活かしていきたいです!!

文責:小玉 宜範

2018/01/16 (火) | rihastaff

リハビリ科 観楓会に参加してきました!!

平成29年10月6日に函館山麓にあるセンティール・ラ・セゾン函館山で観楓会が開催されました!

外観からいい雰囲気が伝わってきており、もちろん料理は抜群の味!!お魚、お肉、お酒など素晴らしいメニューをコースで堪能してきました。

外にはマシュマロを焼く場所やシェフが肉や野菜を焼く場所などがあり素晴らしい雰囲気でお酒が飲めテンションもいつもの20倍あがっちゃいました!

中盤で行われたミニゲームでリハスタッフが見事に当選。その賞金もその日の夜ですべて消えたとのことです。会場にいる全員が幸せな気分になり、まるで夢の国にいるような感覚でした。皆様もぜひ行ってみてください!!

文責:中務 一樹

2017/12/16 (土) | rihastaff

リハビリ科 雄心会研究発表会を終えて

平成29年9月17日(日)にフォーポイントバイシェラトン函館(旧ロワジールホテル)で第13回雄心会研究発表会が開催されました。

第一演題に「当院リハビリテーション科における職員満足度調査の結果とその対策」を発表しました!300名を超える参加者を目の前に足が震えるほど緊張していましたが・・・リハビリテーション科同期と共に1月から研究を続けてきたことを胸になんとか乗り切ることが出来ました。

1月から発表前日まで同期6名で業務後に夜遅くまで研究をしてきました。仕事が終わっても研究で残る日々が続き疲れもたまっていきましたが、みんなが団結・協力し合い納得のいく研究になったと私は思います。同期がいてくれたから素晴らしい研究になったと思います。大変貴重な経験となりました!

その後は、30周年記念パーティーでおいしくディナーをいただく事が出来ました♪

文責:堀 幹子

2017/11/02 (木) | rihastaff

リハビリ科 病院対抗野球大会に出場してきました!!

平成29年9月3、10日で第85回 病院対抗野球大会があり雄心会野球部として出場してきました。

3日の初戦は、森病院と対戦し18対2と大勝しました。

10日は函館医師会病院と対戦し、3対2と最終回逆転サヨナラ勝ちを収めました。

ダブルヘッダーとなった10日は、決勝戦が函館中央病院で惜しくも負けてしまいましたが、初準優勝を飾りました。

リハビリテーション科からもスタッフが多数出場し、1名肉離れという名誉の負傷もありましたが大健闘しました。

来年こそ初優勝目指して頑張りたいと思います!!

今年のオフトレーニングは、先ずはストレッチからですね♪笑

文責:小玉 宜範

2017/09/15 (金) | rihastaff

リハビリ科 いか踊り

平成29年8月3日 いか踊りに参加してきました!!

昨年のいか踊りは当院が最優秀賞を獲得しており、2年連続の最優秀賞を目指して飛び跳ねてきました!!

↓いか踊りの様子です↓

たくさん笑って、飛んで、呑んで(笑)…2年連続最優秀賞は逃しましたが。

今年も楽しいイカ踊りになりました、来年がまた楽しみです!!!

文責 大門 祐貴

竹山 真司

2017/09/08 (金) | rihastaff

リハビリ科 Stimulation Therapy 研究会で発表してきました

平成29年7月8、9日に開催されたStimulation Therapy研究会で『BoNT-A投与後の集中的作業療法の併用により基本動作の質の改善がみられた症例』という演題で発表を行ってきました!

特別講演を含め、24演題の発表があり、初日は函館山山頂展望台ホール、2日目は五島軒で行われました。

準備はとても大変でした。業務終了後に毎日少しずつ準備し何とか完成することが出来ました。

外部で発表は初めてで発表当日はとても緊張しました(笑)。

研究会では臨床を行う上での考え方、札幌医科大学脳神経外科講座教授三国信啓先生の『覚醒下脳神経外科手術による脳機能温存』、東京慈恵会医科大学付属第三病院リハビリテーション科教授の渡邉修先生の『注意障害、遂行機能障害の病態生理と経頭蓋磁気刺激療法について』など興味深い講演が多く、とても有意義な経験となりました。

2日目のランチョンセミナーでは五島軒のカレーが入ったお弁当を頂きました!初めて食べたのですがとても美味しかったです!

文責:酒井 泰朋

2017/08/18 (金) | rihastaff

リハビリ科 リハビリ体験型見学会について

当院リハビリテーション科では、今年の8月より体験型見学会を行うことにしました。

内容はセラピストに帯同して治療や医師回診、カンファレンス、チームミーティング等に参加します。対象はPT、OT、STの学生さんです。

先日、札幌医療リハビリ専門学校のPTS1年生が見学に来ていたので簡単に紹介します。

HCUミーティングの見学

その後、上腕骨頸部骨折に対するロボットスーツHAL(単関節用)を使用した治療見学、脳梗塞や転移性脳腫瘍の患者さんにウォークエイドを用いた歩行訓練の見学などを行いました。

札幌医療リハビリ専門学校1年 佐々木さん

見学は随時募集しており複数名でも構いません。1日希望、半日希望など調整も可能ですのでお気軽にご相談ください。

【申し込みや問い合わせ先】

リハビリテーション科 理学療法士 山村 広樹(yamamura@yushinkai.jp)まで

2017/08/17 (木) | rihastaff

リハビリ科 佐々木先生 送別会

東京慈恵会医科大学リハビリテーション医学講座から佐々木信幸先生に来て頂き、早1年…

先生には何度も講義をして頂き、最先端の治療や、研究データ、そして臨床での診かたもたくさん教えて頂きました。今回は佐々木先生の送別会でした・・・(涙)

送別会では、先生の学生時代の話や好きな車、音楽など、ざっくばらんにお話して頂きました。また血液データや心臓のお話など大変貴重なお話もたくさん聞くことができ、とっても盛り上がりました。

約1年間、本当にお世話になりました。ありがとうございました。

またいつか当院に来て頂けるのを心待ちにしております。

文責:蓮田 純子

福士 和実

2017/08/04 (金) | rihastaff

リハビリ科 症例検討会

平成29年5月30日、リハビリテーション科で症例検討会を行いました。

発表者は臨床経験5~6年目セラピストで3症例が提示されました。

内容は

・右被殻出血を呈し、人工呼吸器管理中の症例について

・左視床出血を呈した患者の歩行速度に着目した一症例

~単脚型Hybrid assist limb(以下単脚型HAL)の使用を通して~

・生活行為向上マネジメント導入し趣味活動再開を目指した症例

私たち1年目の筆者にとっては難しい単語や様々な治療方法、評価内容などたくさんありとても勉強になりました!!!

次回は4年目スタッフの発表です。とても楽しみです\(^o^)/

文責:川口紗耶 福田雄大

2017/06/26 (月) | rihastaff

メールでのお問い合わせはコチラ アクセスはコチラ

ページの先頭へ