リハビリテーション科

リハビリテーション科

ブログ

お知らせトップへもどる

リハビリ科 スタッフインタビューNO.6

当院リハビリテーション科 石田亮介療法士長にインタビューしました!

:これまでの経歴を教えて下さい。

石田:理学療法士には平成5年から始めて主に整形外科や脳神経外科のある病院で27年間働いていました。ここには令和2年からになりますね。


_:実際に来てみて、リハビリテーション科の雰囲気はどうですか?

石田:スタッフが60人越えているのは知っていたので、大なり小なりの課題が沢山あるのかなと思っていましたけど、それ程感じてはいません。今はみんな仲良しで良い雰囲気だなと思っています。

_:リハビリテーション科の面白いと思うところは何ですか?

石田:面白いところ・・・回復期や急性期のチーム体制がすごく徹底しているというのが組織の仕組みとしては、おもしろいな~と思います。後は部会の活動が活発なのも面白い所の一つですね~

新型コロナウイルスの影響で思った通りの部会活動や飲み会、忘年会も中々出来てないから、まだまだ面白い所がきっとあるんだろうなと思ってるんですけどね。飲み会とかでもうちょっとみんなの本性とか知りたいな~って思ってます。

_リハビリテーション科のこうしたらもっと良くなると思う所はありますか?

石田:医療機器をもっと活用していきたいですね。

HALやウォークエイド、NESS、PASS、TMSといった機器があって傍から見たらフル装備であるんですかっていう病院なので、もっと活用・宣伝していきたいですね。患者様のニーズがある機器が揃っているから活性化させたいなと思います。

_:ずっとPTを続けていられるモチベーションは何ですか?

石田:最初の20年くらいは患者さんからの笑顔とか、ありがとうとか、退院するときに一緒に泣いたりして近い距離で関われました。後半は自部署の管理業務がメインでしたが、管理をする上でもまだまだ知らないことがたくさんありました。コミュニケーションスキルや5S活動なんかも改めて勉強すると面白みを感じたりします。別世界の話なので、それが今のモチベーションになってます。

_:リハビリテーション科の今後の展望・目標をお聞かせ下さい!!

石田:みんなが仕事しやすい職場を作ることかな。基盤としてはある程度出来上がっている組織だから相当な力を秘めていると思いますよ。

本日のゲスト:石田 亮介

インタビュアー:飯田 早織

大門 祐貴

三浦 潤也

2021/03/25 (木) | rehastaff

リハビリ科 スタッフインタビューNo.5

理学療法士13年目の中野哲学さんにインタビューさせて頂きました!

-お疲れ様です!よろしくお願いします!

中野:よろしくお願いします。

-現在までの経歴をお聞きしてもいいですか?

中野:専門学校を卒業後、函館市内の病院に入職して、そこで13年働き、7月にここの病院に来ました。

新都市病院で働いてみて、リハ科の印象・雰囲気はどう感じましたか?

中野:一言で言えば、会社みたいですね。いっぱい人がいますから。チームが違うと、まだ話したことない人がたくさんいます。大企業に就職したみたいですね笑。

-確かに多いですよね。自分もまだ話をした事が無い人がいますよ笑。

-仕事が休みの日は何をしてますか?

中野:家庭菜園が趣味で、色んな野菜を育てています。最近、小型耕運機も買ったんですよ。

-へえ~~。何を育ててるんですか。

中野;枝豆とかミニトマトとか、結構いろいろ挑戦していますね毎年。来年は小玉スイカを育てたいですね。

-すごいですね!ぜひ食べたいです笑

-では最後の質問です。あなたにとってリハビリとは何ですか。

中野:自分や患者さんにとって楽しいリハビリをやりたいなと思っています。同じ運動でもどうせやるなら楽しい方がいいのかなと。

ー確かに中野さんのリハビリを見てると楽しそうだなと感じます。中野さんが入ってリハ科の雰囲気もさらに明るくなりましたよね。

中野:ありがとうございます。今後は寡黙な人への話し方をどうしていくかが課題ですね笑。

ー確かに難しいですね。

では以上で終わりたいと思います。ありがとうございました。

本日のゲスト:中野 哲学

インタビュアー:佐藤 昇太

福士 琢哉

2021/03/25 (木) | rehastaff

リハビリ科 スタッフインタビューNo.4

理学療法士9年目の丸山翔太さんにインタビューさせて頂きました!

-お疲れ様です!よろしくお願いします!

丸山:よろしくお願いします。

-ここに至るまでどういう経緯だったんですか?

丸山:新潟の養成校に通っていて、最後の実習を札幌の整形外科病院で行いました。実習中に就職試験みたいな感じになり、それで合格してそこに就職しました。

5年働いたあと、函館市内の病院で1年8か月働き、その後縁があって大阪のクリニックで2年くらい働きました。そこから妻の地元の函館に来ました。

-色々と経験されてきたんですね~。


-ここで働こうと思った理由は何ですか?

丸山:一番はスポーツ外来があることと、日本でも有名な医師が診察に来てくれることです。脳神経外科の病院ですが肩の手術もしていて、自分も肩の術後患者様をたくさん見てきたので、その経験を何か還元できないかなと思っています。

-すごく心強いですね!よろしくお願いします。

-実際1年間働いてみてリハ科の印象・雰囲気はどう感じましたか?

丸山:みんな仲良くて雰囲気が良く感じました。すごく入りやすく馴染みやすかったです。

-次は息抜きの質問なんですけど、仕事が休みの日は何をしてますか。

丸山:子どもの面倒を見る事が一番かな~。二番目は家事ですね。趣味が料理です。あと息抜きはサウナですね。1週間の自分の頭を整理する時間に使ってます。

-大事な時間ですよね。

-最後の質問です。あなたにとってリハビリとは何ですか?

丸山:これ難しいんですよね笑。患者さんが良くなるのなら手段は選ばず、自分にできることは何でもやろうと常に考えてます。また、リハビリは体を動かすだけじゃくて、話を聞く事も大切だと思っています。PTとしては、常に自分を外から見て、なるべく考えることを止めないようにしています。仕事以外でも、考えるトレーニングはずっとしています。

ー熱いお話でしたね、ありがとうございました!

本日のゲスト:丸山 翔太

インタビュアー:佐藤 昇太

福士 琢哉

2021/03/25 (木) | rehastaff

リハビリ科 回復期病棟レクリエーション 2020.12~2021.1

今回は2020年12月と2021年1月に行われた回復期病棟でのレクリエーションを紹介します。

『12月』クリスマスカード

回復期病棟のスタッフから患者様に向けてクリスマスカードを作成しました。日頃、入院生活やリハビリを一生懸命取り組んでいる患者様に、病棟スタッフからメッセージを書きました。スタッフがカードを渡しに行くとみなさん喜んでくれました。入院生活はとても大変だと思いますが、少しでも励みになれば嬉しく思います。

『1月』書初め

患者様とスタッフで書き初めを行い、お正月らしい言葉や今年の抱負などをみなさんに書いて頂きました。

これからも患者様に楽しんでいただけるようなレクリエーションを提供していきたいと思います。

文責:佐藤 昇太

海老名 茂光

2021/02/09 (火) | rehastaff

リハビリ科 第8回函館野球塾

2020年11月16日、当院にて第8回野球塾を開催しました!!
今回は新型コロナウィルスの影響で、当院の会場参加とzoomを併用しての開催となりました。会場には選手は参加せず、チーム関係者や医療スタッフのみ人数制限をかけ、感染対策を十分に行った上での開催でした。
今回のテーマは、『あ!っと驚くほど野球がうまくなる、身体の使い方でした。

第1部前半は、当院の理学療法士小玉・小池が投球障害に関わるセルフチェックとセルフエクササイズについて発表しました。
第1部後半は、元横浜ベイスターズ監督の牛島和彦氏とセラ・ラボ代表の山口光國先生による「野球が上手くなるための身体の使い方」、昭和大学藤が丘病院整形外科の鈴木昌先生による「全国の肘検診 検診報告 トレーニング紹介」についての講演でした。

今年は、野球が上手くなるための身体の使い方として、トッププロの投球時の腕の使い方や身体機能の特徴などを両先生からお聞きすることができました。先生方のお話には、今までの概念が変わる程の衝撃を受け、また臨床にすぐに活用できるものばかりで、今年も目から鱗でした♪

第2部は、ウェルケアわきた整形外科の千葉慎一先生のご講演でした。
投球を運動力学的に分析されながら現場で使える評価、セルフチェック・セルフエクササイズも詳しく教えて頂きました。とても勉強になり、今回も熱く濃厚な野球塾になりました(^^)

最後に、数ヶ月前から筒井先生や山口先生にご指導を頂きながら、スポーツ外来チーム全員で発表スライドを作成してきましたが、スライドの見やすさや内容の伝え方などを学ぶことができました。発表後にはご参加された先生からも、分かりやすいと声をかけて頂き、とても充実した準備期間になったと感じています。来年の野球塾はさらに『伝わりやすく内容の濃い発表』になるよう頑張ります。

今回コロナ禍にも関わらず、ご参加されたみなさま、またご講演された先生方、改めて本当にありがとうございました。是非また来年もご参加、ご講演をよろしくお願い致します。

私たちの発表も楽しみにしていてくださいね♡

野球塾スタッフ集合写真!

発表前日

文責:小玉 宜範

小池 真由

2021/01/15 (金) | rehastaff

リハビリ科 装具製作現場を見学してきました

今年度、PT部門の目標『理学療法の専門性の追求 ~装具療法の基礎を学ぶ~』に関して、装具について知識を高めていくため、様々な取り組みを行っています。その一つとして、いつもお世話になっている、馬場義肢製作所の現場見学をさせて頂く事となり、10月2日(金)に当科から数名で訪問してきました。

また、今回参加したスタッフに感想をいただきました。

~感想~

今回、装具やコルセットの作成を見学させて頂いた事で、装具を作成するためには患者様に合わせた精密な測定の他、計測した数値に正確に合わせ作成する技術が必要である事を改めて知る事が出来ました。今回の見学から、装具を作成する際には、患者様・義肢装具士とのコミュニケーションを大切にし、より正確に患者様に合った装具を作成出来るようになりたいと思いました。

遠藤駿

義肢・装具は、学校の授業や臨床でよく見るものですが、そのほとんどが完成された物ばかりです。今回は、その制作現場を見せて頂き、型の制作から素材の加工、支柱やベルトの調整など、様々な過程を踏み、細かな気配りの下制作されているという事が分かりました。改めて今後のリハビリにおいて、患者様にとって適切な装具を選定出来るように、考えていきたいと感じました。身近にあっても知らない事が沢山あり、とても勉強になりました。貴重な体験をさせて頂きまして、本当にありがとうございました。

佐々木恵

普段患者様に使用している短下肢装具・長下肢装具の制作過程や、実際の工程を見て驚く事ばかりでした。自分は、プラスチック版を削ってから熱風などで形を整えると想像していました。熱したプラスチック版を下腿モデルにかぶせ真空状態にする所謂❝しぼり❞の工程を実際に見て、スタッフの方達の職人技と経験・技量が織りなす早業に感激しました。この度は、義肢装具に携わる事の多い理学療法士として、現場を見学するという貴重な体験をさせて頂きました。ありがとうございました。

川口胡桃

<見学場面>

本当に貴重な体験をさせて頂き、ありがとうございました。

文責:海老名茂光

2020/12/23 (水) | rehastaff

リハビリ科 リハビリテーション科、新規物品のご紹介です!!

今年度当院リハビリテーション科にトレッドミルが導入されました。

トレッドミルとは流れるベルトの上を歩行するリハビリテーション機器です。

スピードの調節や傾斜角度を調節しながら歩行することが出来、患者様の能力に合わせた歩行訓練を行うことが出来ます。

実際に患者様が使用している様子です。

トレッドミル導入が入院生活で低下した体力の回復や、歩行能力の向上の一助になればと思います。今後も患者様の目標やニーズに合わせたリハビリテーションを行い、より早く元の生活に戻れるよう援助していきます。

文責:大門 祐貴

三浦 潤也

2020/11/16 (月) | rehastaff

リハビリ科 第二回スティミュレーションセラピー学術大会に参加してきました

令和2年8月29日~30日、青森県の浅虫温泉で第二回スティミュレーションセラピー学術大会に参加してきました。今回は「基礎を知り、最先端を追う」をテーマに行われました。

昨今の新型コロナウイルス感染症の状況を鑑み、今学会は現地開催およびZoomを使用したweb開催という形式で行うこととなりました。

一般演題として、当院からは波田PTが「脳卒中片麻痺患者に対し上肢HAL単関節を用いた治療介入」、佐藤STが「経頭蓋的磁気刺激治療と言語聴覚療法の併用が書字能力の向上に繋がった失語症患者の一例」という演題で発表を行いました。

一般演題の他にも、29日の特別講演では畿央大学大学院健康科学研究科主任教授の森岡周先生が「病態メカニズムに基づいたリハビリテーション治療戦略」を、30日には聖マリアンナ医科大学リハビリテーション医学講座教授の佐々木信幸先生が「急性期脳卒中リハビリテーションにおける磁気刺激の役割」について、最新の情報を交えながら、大変興味深い話題をお話しして下さいました。その他にも著名な先生方の講演を聞く事が出来、とても貴重な経験になりました。

一日目終了後には懇親会が開かれました。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ソーシャルディスタンスを保ち、積極的な交流は出来ませんでしたが、青森県の美味しいご飯を食べ、途中津軽三味線の演奏があるなど楽しい会になりました。

今回の学会を通して学んだことを今後の治療に取り入れ、患者様に還元できるよう頑張っていきます。

文責:福士 琢哉

山鼻 惠介

野崎 翔大

2020/09/28 (月) | rehastaff

リハビリ科 上肢機能訓練装置NESSが導入されました

令和2年7月14日(火)、当院にNESS H200 Wirelessが導入され、説明会が開催されました。NESSとは表面電極を用いた機能的電気刺激装置です。脳卒中・脊髄損傷などの中枢神経障害による上肢の運動麻痺が対象です。

筋力増強、関節可動域の改善による手指機能改善だけでなく、局所血流の増加、筋肉のこわばりの減弱、むくみの改善などの効果があると言われています。

片手でも装着が可能で簡便であり、安全性が高いため、高齢者でも使用できるそうです。麻痺で困っている多くの患者さんにとって自立の一助になると期待されています。

説明会の様子です。

実際の装置です。

NESSを使って治療を行っている場面です。

これからも新しい治療を取り入れて、患者様に還元できるよう頑張っていきます。

文責:佐藤 昇太

福士 琢哉

2020/08/19 (水) | rehastaff

リハビリ科 回復期病棟 レクリエーション

入院中の患者様は、室内で過ごされることが多く、どうしても季節を感じることが少なくなってしまいます。少しでも季節を感じられるように、回復期病棟にご入院中の皆様に、貼り絵を作製して頂きました。

病棟の掲示板に掲示していますが、季節感があり、少し明るい空間が出来たと思います。

これからも、季節に合った作品や催し物を企画していきたいと思います。

4月の作品『桜』

5月の作品『こいのぼり』

6月の作品『あじさい』

製作風景

文責:佐藤 昇太

海老名 茂光

2020/07/19 (日) | rehastaff

メールでのお問い合わせはコチラ アクセスはコチラ

ページの先頭へ