函館新都市病院ホーム診療支援部リハビリテーション科ブログ > スタッフインタビュー☆No.3

リハビリテーション科

リハビリテーション科

ブログ

お知らせトップへもどる

リハビリ科 スタッフインタビュー☆No.3

リハビリテーション科理学療法士 山村 広樹係長にインタビューさせて頂きました!

_お疲れ様です。よろしくお願いします!

山村:お願いします!

_函館新都市病院に入職して何年目ですか?

山村:21年目になります。5~10年目はあっという間でした。

_係長がここを選んだ理由はなんですか?

山村:学生時代にいろいろ実習に行って、どの実習も厳しくて。函館新都市病院はリハビリスタッフも看護師さんも人が温かいし、雰囲気もいいなと思い、実習中に当時の職場長に「ここで働きたいです」って言いました(笑)

_すごいですね(笑)最初の職場は何人いたんですか?

山村:10人…くらいだと思う。

_全然聞いたことなかったですね!初めて聞きました(笑)

_今のリハビリテーション科の雰囲気はどう感じますか?

山村:すごいフレンドリーな感じが好きで、各病棟ごとがチームとして動いていると感じています。同期同士も仲良くやっていて正直うらやましいと思っています。

_今の質問に関連してくるんですけど、これから取り組んでいきたいことはなんですか?

山村:今、やりたいことはみんなが働きやすい環境に出来ればと考えてます。レイアウトを変えたり業者に特別清掃してもらったり・・次はウォーターサーバーかな(笑)

_いいですね(笑)飲みたいですね~(^_^)

山村:あとは今は各病棟単位で動いているけど、さらに脳卒中チームや呼吸器チームなども将来作りたいと考えています。

_おぉー!!いいですね・・・。

_最後の質問です!みなさん同じことを聞いているんですけど、

係長にとってのリハビリテーション(プロフェッショナル)とはなんですか?

山村:おー!すごいね(笑)リハビリテーションとは…。常に心がけているのは患者さんを家族だと思うこと。そう思うだけでより親身になれるし、より患者さんの立場で考えられると思ってます。病気だけを診るのではなく患者さんの生活も背景も含めた『人』を診て介入することが大事だと考えてます。それがより良い治療へ繋がると思っています。

_おーすばらしい…。係長のプロフェッショナルですね…。

貴重なお話ありがとうございました!!

本日のゲスト:山村 広樹

インタビュアー:大村 慶樹

川口 紗耶

2020/02/16 (日) | rehastaff

メールでのお問い合わせはコチラ アクセスはコチラ

ページの先頭へ