函館新都市病院ホーム診療支援部リハビリテーション科ブログ > 第70回北海道理学療法士学術大会に参加してきました

リハビリテーション科

リハビリテーション科

ブログ

お知らせトップへもどる

リハビリ科 第70回北海道理学療法士学術大会に参加してきました

令和元年6月22、23日帯広市民文化ホールにて開催された、第70回北海道理学療法士学術大会「AI・loTビックデータ・ロボティックス時代における理学療法士の存在意義」に参加、演題発表を行ってきました。

22日は「単関節型HALの効果について」演題発表を行いました。

足につけた効果と歩行変化について、ブースには20人くらいの人でしょうか、発表をきいてくださいました。

ポスター演題の周りには4ブースあり、常に100人前後の人が行き交っていました。

22日の特別講演では「脳科学から新体制システム科学へ~理学療法あるいはリハビリテーション医療の方向性」をテーマに畿央大学の森岡 周先生が、23日は「リハビリテーション医学・医療~変化への適応をデザインする~」をテーマに慶応義塾大学の里宇 明元先生が、同じく慶応義塾大学の金子 文成先生が「スマートリハの実際と療法士の将来像」をテーマに講演を行ってくださいました。

大変著名な先生方のお話を聞いて時間ギリギリまで学会に参加してきました。

先生方の講演を聞くと、5年後~10年後はもっと簡単に臨床データが取れるのではと期待を抱かせてもらいました。

文責:波田 耕祐

2019/07/26 (金) | rihastaff

リハビリ科 回復期リハビリテーション病棟集団レク~七夕祭~

令和元年7月3日、回復期リハビリテーション病棟集団レクとして、今回は七夕祭が開催されました(^_^)

患者様やスタッフも短冊に願いごとを書き・・・

みんなで飾りました。

「自宅に帰りたい。」

「妻に楽をさせてあげたい。」など様々な願いごとが書かれており、願いごとを書きながら泣いてしまう方もいらっしゃいました。

ご協力して下さった患者様・スタッフの皆様、ありがとうございました。

皆様の願いごとが叶いますように。

文責:川口 紗耶

2019/07/16 (火) | rihastaff

リハビリ科 第50回作業療法学会学術大会に参加してきました。

2019年6月8~9日、ロイトン札幌にて第50回北海道作業療法学会学術大会が開催されました。今回は、「作業療法の実践と科学 ~広がる適応 問われる効果~」をテーマに行われました。

当院からは作業療法士の丸山が「自主プログラムに焦点を当てた介入が生活行為障害の改善に繋がった症例」をテーマにポスター演題部門で発表を行いました。

~丸山の所感~(無事に発表を終えた丸山氏 写真左側)
今回、『自主プログラムに焦点を当てた介入が生活行為障害の改善に繋がった症例』を演題にポスター発表を行いました。他施設に勤務する作業療法士の方々と患者様が自分で運動を行う事の重要性と運動を継続してもらう方法について意見交換を行う中で私の知識も深めることができ、有意義な時間を過ごす事が出来ました。

50周年記念大会ということで様々な分野についての研修会やワークショップなども多く、とても勉強になるお話を聞く事が出来ました。研修会では、鹿児島大学名誉教授の川平和美先生より「片麻痺上肢へのリハビリテーション治療の革新を」というテーマに、リハビリの治療効果や今後の展望を講演で聞くことが出来、とても貴重な経験になりました。

この経験をこれからの治療に活かしていきたいと思います。

文責:大村 慶樹

丸山 徹也

2019/07/11 (木) | rihastaff

メールでのお問い合わせはコチラ アクセスはコチラ

ページの先頭へ