リハビリテーション科

リハビリテーション科

医療者、学生の方々へ

お知らせトップへもどる

リハビリ科 院内研修会

平成31年3月23日(土)に北海道科学大学講師の春名弘一先生をお招きして装具療法について勉強会を開催致しました。講義内容は歩行のバイオメカニクス、ロッカー機能、装具のポイントなど実技を交えて分かりやすく説明して下さいました。また症例検討として当院から3名の装具使用の患者様を動画を用いて提示、先生から歩行分析や装具選定などのアドバイスを頂き非常に勉強になりました。講習会は非常に盛り上がり、終了後もたくさんのスタッフが先生の所に集まり質疑応答をしていました。また企画したいと考えておりますので是非来て頂ければ幸いです。この場をお借りして年度末のお忙しい中、お越し頂きありがとうございました。

文責 山村 広樹

2019/04/09 (火) | rihastaff

リハビリ科 愛する菊池さんの送別会

函館新都市病院で10年間勤務してくれた作業療法士の菊池和実さん(旧姓 福士)が退職することとなり、先日送別会を行いました。10年間の功績を称え、1次会はLa Cucina VENTITREで、素敵な雰囲気の中、素敵なイタリアンで、菊池さんとの最後の晩餐(笑)を楽しみました。

菊池さんからは、みんなへの温かいメッセージも頂き、スタッフからは温かい温かいメッセージも手作りアルバムも贈呈されました。

10年間を思い返すと本当にたくさんのことがあり、1年目から先輩たちにたくさんしごかれながらも熱心に勉強し続け、小さな体で着々と技術を磨き、患者様の機能回復に毎日、毎日全力で治療をしてくれました。患者様からの信頼は厚く、時には痛い所に手の届きすぎる治療を展開し、『小悪魔』というあだ名が出ることもありました。

後輩からは治療の相談を受けることが多く、とても熱心に指導してくれました。いつもおばあちゃんのように早起きをしており、段取り良くお仕事をしてくれて本当に頭が下がる思いです。

そして仕事終わりにはありとあらゆる話をし、恋バナにも花を咲かせたことは一生忘れません。

お泊り会でワインボトルをペロッと2人で飲み空けたことも忘れません。

今となってはすべてが素敵な思い出ですが。本当は思い出にしたくなかったのが本音です(笑)

ずっといてほしかったーーーーーーーーーーーーー・・・。

いつの間にか今はもう素敵な奥様となり、本当に嬉しくも、悲しいお別れのときがやってきてしまいました。北海道を離れても、函館新都市病院のことをいつも考えていて下さい。(笑)

そして函館に来たときは、必ず寄って下さいね!!必ず!!必ず!!(笑)

・・・・・10年間本当にありがとう✿・・・・・

文責:作業療法士 兼 菊池和実の姉 蓮田 純子

2019/04/08 (月) | rihastaff

メールでのお問い合わせはコチラ アクセスはコチラ

ページの先頭へ