函館新都市病院ホーム診療支援部リハビリテーション科ブログ > 今年も港祭りのいか踊りに参加してきました!

リハビリテーション科

リハビリテーション科

ブログ

お知らせトップへもどる

リハビリ科 今年も港祭りのいか踊りに参加してきました!

平成28年8月3日、今年もわっしょい函館のいか踊りに雄心会で参加してきました。リハビリテーション科スタッフも多数参加し、大勢で盛り上がりました。

リハビリテーション科は気合の入り方が違います!!

仕事終わりでみんな疲れているにも関わらず、疲労感など忘れみんな汗だくになりながら踊っていました!!

また、今年も汗を流した後はベルクラシックで打ち上げが行われました。
いか踊りを踊っても、踊り足りない約一部の職員は踊り狂っていました。笑
そして、また一部の職員は躍動感のある踊りでヘルニアを発症していました。笑笑

今年はコンテストで残念ながら二連覇を達成することはできませんでしたが、みんな子どもに戻ったかのように港祭りを楽しむことが出来ました。

来年は優勝奪還を目指してまた参加したいです!!

文責:福嶋  佳基

平野 はるか

2016/08/29 (月) | rihastaff

リハビリ科 演題発表:第7回Stimulation Therapy 研究会in京都

平成28年7月9日より2日間、京都にある国立京都国際会館にて研修会が行われ、当院作業療法士 蓮田 純子が発表し、共同演者の福士 和実が同行しました。

演題テーマは『NEURO 治療後のWMFT変化~そして機能維持に必要なこと~』であり、2013年10月~2016年4月までの延べ47名の退院後の身体機能を調査した研究でした。

蓮田より

『特別講演では、脳梗塞を経験し、TMS治療を受けた方の苦労と挑戦など感動のお話や、脳腫瘍に対する最新の治療法、また一般演題ではNEURO(TMSと作業療法の併用療法)治療、また下肢や歩行に及ぼす影響、ボトックス治療、干渉波など、何らかの刺激を与えることで及ぼす機能の改善など興味深い発表を聞くことができ、大変勉強になる2日間でした。そしてせっかくの機会なので、京都のおしゃれスウィーツを堪能してきました。』

次回は函館開催で当院が事務局となっております。発表はもちろんですが、運営側としても参加者がより良い研究会になるよう準備を進めていきたいと思います。

文責:山村 広樹

2016/08/26 (金) | rihastaff

リハビリ科 日本心臓リハビリテーション学会学術集会にいってきました!

平成28年7月16日~17日に東京国際フォーラムで開催された日本心臓リハビリテーション学会学術集会に行ってきました!!

今回のテーマは『予防心臓病学の未来を語ろう』でした。

心臓の基礎から心臓病になるメカニズムを心臓だけでなく、全身から観察すること、また糖尿病や腎臓の疾患でも関与してくることなど、詳しく学会で学ぶことができました。

2日間でしたが、参加者は5,000人!!

国際フォーラムは、会場もたくさんあり広いですが、さすがに5,000人だとどの会場でも満員で入れない会場もあり、予定していた講演が聞けないこともありました(T_T)

この2日間は、全身全霊をかけた2日間であり脳が筋肉痛になったと思ったほどでした。学会終了後になると大先輩もこんな感じです!!笑

函館に帰ってくる前は、時間が少しあったため、東京の有名な鰻屋さんに昼ご飯を食べにいき体力は一気に回復しました♪笑

この研修を活かして今後の心臓リハビリテーションにしっかりと取り組んでいきたいです。

文責:小玉 宜範

2016/08/12 (金) | rihastaff

リハビリ科 2016 函館マラソン大会 ボランティア活動に参加して

平成28年6月26日に『北海道新幹線開業記念 2016函館マラソン大会』が行われました。今年から新たにフルマラソンが追加され、全国各地から過去最多の6,873名のランナーが参加されました。当院からは、理学療法士3名がボランティア活動、6名がランナーとして参加しました。

スタート・フィニッシュ地点での救護活動を行わせて頂きました。当日は悪天候で救護所には低体温症、筋けいれん、中には脱水症状の方など数多くいました。私たちはストレッチを中心に救護活動を行いました。この救護所には医者・看護師・医療関係の学生などがおり、様々な職種の人との連携により負傷したランナー達をケアしました。

初めてのフルマラソンでしたが、大きな事故もなく大会が終了でき本当に良かったです\(^o^)/

文責:工藤 真平

2016/08/11 (木) | rihastaff

メールでのお問い合わせはコチラ アクセスはコチラ

ページの先頭へ