言語聴覚療法部門

言語聴覚療法部門

ごあいさつ

私たち言語聴覚士(ST:スピーチセラピスト)は、脳血管障害などの後遺症によりおこる、失語症、構音障害、高次脳機能障害などのコミュニケーション障害や、摂食・嚥下障害をきたした患者様に対して、リハビリテーションを行っております。入院患者様は、急性期から回復期まで、外来患者様は当院退院後のリハビリテーションの継続のみならず、言語療法希望の外来受診にも積極的に答えています。患者様の精神的苦痛を軽減し、一日も早い回復を目指すべく、個々に合ったきめ細かい支援を行うよう心がけております。また、他部署との連携を密にし、情報を共有することで、患者様のQOL(生活の質)の向上を目指すようにも心がけております。諸機能の回復やコミュニケーション能力の改善、円滑な社会復帰や就学を目指して、検査・訓練・指導及び相談を行います。言葉の障害について、疑問に思う事や心配な事がありましたら、担当者まで御気軽に御相談下さい。

言語聴覚士 大徳 英基

メールでのお問い合わせはコチラ アクセスはコチラ

ページの先頭へ