理学療法部門

理学療法部門

ごあいさつ

当院理学療法科は、①脳卒中や脊髄損傷などの中枢神経疾患、②骨折・変形等の整形外科疾患、③心筋梗塞・狭心症等の心疾患、④肺炎・肺気腫等の呼吸器疾患を中心にOT(作業療法士)・ST(言語聴覚士)と共同してリハビリテーションを行なっております。

ICU(集中治療室)では平成20年5月よりPT(理学療法士),OT専属スタッフを配置し超急性期からのリハビリテーションを積極的に取り組んでいます。またICUにおいては、超急性期でのリハビリテーションを重視しPTによる365日体制を実施し、質の高い医療を提供できるように努力しています。一般病棟においては、リハビリ室での訓練のみならず、病棟看護師又は御家族にも協力して頂き、病棟リハビリテーションを実施するように心掛けています。

また平成20年10月からは回復期リハビリテーション病棟を開設しより専門的かつ集中的なリハビリテーション医療サービスを行い、ADL(日常生活動作)能力向上を促し、自宅復帰、社会復帰を目的としています。ADLや他部署との連携を重視しアプローチしています。退院前には、状況に応じてリハビリテーション科医師PT、OTと患者様宅へ訪問し、家屋評価を行い退院後も問題なく生活できるようにアプローチしています。

退院後は、外来リハビリテーションを行い身体機能の更なる向上を目指し治療を行っています。

理学療法士 山村広樹

メールでのお問い合わせはコチラ アクセスはコチラ

ページの先頭へ