心臓リハビリテーション

心臓リハビリテーション

紹介

心臓リハビリテーションとは?

心臓リハビリテーションとは、循環器疾患の患者様の罹患後早期の家庭復帰、その後の病気の再発予防、生活の質の向上のためのプログラムであり、循環器疾患の一次・二次予防や機能向上を目的として行います。心臓リハビリテーションには運動療法だけでなく、生活指導、栄養指導、内服指導、禁煙指導等も含まれています。

その効果は?

① 運動能力が増加し、楽に動けるようになる。
② 狭心症や心不全の症状(胸痛、息切れなど)が軽くなる。
③ 動脈硬化のもとになる危険因子 (高脂血症、高血圧、糖尿病、肥満) が軽くなる。
④ 血管が自分で広がる能力 (血管内皮機能) や自律神経の働きがよくなるとともに、血栓(血の塊)ができにくくなる。
⑤ 不安やうつ状態が改善し、快適な社会生活を送ることができる。
⑥ 狭心症・心筋梗塞の再発や突然死が減り、死亡率が減少する。 (3年間で約25%の死亡率低下)

つまり、循環器疾患の患者さんが心臓リハビリを行うことにより、動作が楽になり、快適な生活を長く続けることができるようになります。

具体的な内容は?

当院では主に心不全や急性心筋梗塞・狭心症(カテーテル治療後も含む)、心臓手術後の方を対象に、早期離床、早期の在宅復帰、再発予防を目標にICUから一般病棟まで、継続して運動療法を行います。

具体的には、医師の指示の元に専属の理学療法士がICU・病棟の看護師と協力し、心電図モニターや血圧等のバイタルサインをチェックしながら個々の患者様の機能にあわせて、座位・立位・歩行と段階的にプログラムをすすめていきます。毎日のトレーニングを通して病棟内での活動範囲や運動強度を拡大するとともに、退院後の日常生活や体調管理の方法、運動の方法など、患者様の状態や環境にあわせた指導を行っていきます。

当院での心臓リハビリテーションは、歩行や自転車駆動を中心とする有酸素運動を主体としながらも、患者様一人一人の運動機能・生活スタイルに合わせた目標を設定し、必要に応じて筋力トレーニングなどの無酸素運動や、筋肉の柔軟性や関節の可動域拡大訓練、呼吸理学療法を中心とした呼吸療法などを織り交ぜ、退院後の社会生活をスムーズに始められるように進めていきます。

メールでのお問い合わせはコチラ アクセスはコチラ

ページの先頭へ