皮膚科

皮膚科

受診ご希望の方へ

  • 安心して施術を受けていただくため、初回は皮膚科外来にてカウンセリングを行っています。
  • 施術方法、金額などの詳細はカウンセリング時にご説明します。
  • 症状にあった治療方法を選択し、後日の施術予約をお取り致します。
  • 正確な評価・診断のため、初回外来受診日と施術日はお化粧をあらかじめ落として受診していただくようお願い致します。

ピコレーザー・光治療器導入!

皮膚科専門医の細やかな診療のもと老人性色素斑(しみ)をはじめ、雀卵斑(そばかす)、肝斑、くすみ、毛細血管拡張(赤ら顔)、にきび、毛穴の開きなど美容領域の疾患に幅広く対応します。レーザー治療のほか、ピーリングやオリジナルローション、内服療法などを組み合わせ、肌質に合わせた治療プランを提案します。治療後は肌の状態を確認し、患者さんと相談しながら丁寧な診療を心がけています。

1.ピコトーニング

低出力で波長の長いレーザー光線を複数回にわたり顔全体に照射します。主に表皮から真皮上層に働きかけ、コラーゲンやエラスチンの再生を促します。複数回の治療が必要です。
効果:肝斑、そばかす、薄いしみ、美肌効果、くすみ改善、毛穴の開き改善

2.ピコレーザーによるスポット照射(部分照射)

ピンポイントで集中的にメラニンを破壊する治療法です。肌全体ではなく部分的に気になる箇所がある方に適しています。従来のレーザー治療器よりも、炎症後色素沈着の副反応、痛み、ダウンタイム*が少なく済みます。
*治療や施術後の痛みや腫れの回復期間
効果:シミ、薄いほくろ

3.光治療

メラニンとヘモグロビンの双方に吸収可能な幅広い波長領域をカバーします。照射範囲が広いので表面に近いところの赤みとしみに短時間での効果的な治療が可能です。複数回の照射が必要です。
効果:しみ、そばかすなどの良性色素病変、赤ら顔、酒さ、にきび

4.ケミカルピーリング

古い角質や毛穴汚れを取り除き、肌のターンオーバーを正常に戻す治療です。にきび、にきび跡、くすみ、毛穴開き、小じわなどに効果があります。当院ではサリチル酸マクロゴールを使用しています。
☆各種美白剤(ビタミンCローションやハイドロキノンクリームなど)有効成分を高濃度で調整し、処方しています。
☆ビタミンC、トラネキサム酸などの美容に関する内服薬は自費処方です。

メールでのお問い合わせはコチラ アクセスはコチラ

ページの先頭へ