看護部

看護部

ごあいさつ

看護部長 八幡 直子患者様が治療を安心と満足をもって受けられる看護を提供する

函館新都市病院は脳外科主体とした複合科を有し、急性期から回復期リハビリテ―ション機能を持った病院です。在院日数の短縮が進み、患者の高齢化、疾病の複雑化に加え認知症を抱えた患者の増加で『在宅を視野に入れたチーム医療の提供』が求められています。
チーム医療の中心的役割を果たし、質の高い看護を提供するためには、自律した専門職として人間性を養い、常に専門知識の積み上げとスキルアップをしなければならないと考えています。看護の専門性を高めながらも、誠実で心のこもった看護を一緒に実践しましょう。そして「ここに入院して良かった。」「ありがとう」と言ってもらえる看護師を目指しましょう。

看護師は患者に寄り添い看護を実践することを免許によって許されています。患者さまができるだけ「その人らしい生活」に戻れるように看護サービスを提供することで、「安心して療養(治療や看護など)を受けることができた」と言っていただけることを目標としています。そして看護職員も「より質の高い看護が提供できた。」とやりがいを実感できる職場づくりを目指しています。

メールでのお問い合わせはコチラ アクセスはコチラ

ページの先頭へ