函館新都市病院ホーム診療部内科内科のブログ > 塩分摂取に関する面白い雑学です・・・

内科

内科

内科のブログ

お知らせトップへもどる

塩分摂取に関する面白い雑学です・・・

内科 高澤です。自分は、民俗学にも興味があります。世界にはいろいろな生活習慣が異なる民族の方がおられます。南米にヤノマミ族という民族の方々おられます。彼らの食物は、動物の肉、魚、昆虫、キャッサバを食べているとの事です。面白いのが、調味料として塩が無く、塩分摂取する事がほとんど無いという事です。その結果、ヤノマミ族の方には、高血圧の方がいないとの事です。ちなみに日本人は、10~12グラム/日 摂取しています。地域によっては、20グラム/日。塩分摂取が多ければ多いほど、高血圧が増えます。そして高血圧は、血管が硬くなりやすくなり、脳卒中、心筋梗塞も起こりやすくなります。そして糖尿病発症もしやすくなります。難しいのは、塩分摂取って、それぞれの家庭によってもありますよね。小さい時からの食生活、食行動。大人になってから、果たして治せるのか!?減塩って重要でありますが、実行となると相当辛いですね。

2016/10/24 (月) | 高澤 宏文

風邪を早く治す方法・・・

内科 高澤です。寒くなり、空気が乾燥すると風邪を引きやすくなります。それは、風邪のウィルスが埃のように舞いやすくからです。そして体が冷えると、免疫力が低下するからです。風邪を早く治す方法は・・・ 基本的は、寝て、休息する事です。巷にあるいろいろな風邪薬。どうですかというご質問良くありますが、風邪薬の箱を見てください。風邪の諸症状の緩和としか、記載しておりません。つまり、風邪を治すのですは無く、今ある症状を和らげるだけです。と書きましたが、自分も風邪引くと、風邪薬飲みます。(笑)今のところ、風邪を早く治す方法で科学的根拠があるのは、ビタミンCを多めに取るという事だけです。ちなみに風邪を早く治す薬が開発できたら、ノーベル賞を取れるとも言われております。風邪は、うがい、手洗い、マスクである程度は、予防できます。気をつけましょう。

2016/10/24 (月) | 高澤 宏文

どう把握するか、自分の事

内科 高澤です。よく、糖尿病外来って、怒られると思われている方が多いと思います。自分の外来は、決して怒りません。高澤が怒ったと思われたら、指摘してください。「おい、怒ってるぞ!」と。怒る外来は、説教外来と言います。運動しなさい。痩せなさい。食事頑張りなさい。薬飲みなさい。これらを患者様に叫び続ける事で、糖尿病を含む、生活習慣病が改善するのであれば、24時間365日 高澤は叫び続けます。(笑) 自分は、患者様自身が、ご自身の事をどう把握されているか、そして心、体の状態はどうであるか?一緒に再確認する事で、良い方向に変わるように指導させていただいております。

2016/10/24 (月) | 高澤 宏文

肉、魚の摂取

内科 高澤です。食事療法の一つの雑学です。肉、魚を摂取する時、なるべく、原型を留めた状態で摂取した方が、カロリー摂取が少ないと言われております。具体的には、牛肉なら、しゃぶしゃぶ、焼肉、ステーキ 焼き魚、刺身などが摂取カロリーが少ない、逆に、つみれ、ハンバーグは、色々なものが加わる為、カロリー摂取が多くなりやすいです。ちなみに焼肉は塩ダレで・・・ そして可能であれば、野菜、キノコなどの食物繊維が豊富な食品から食べる事がオススメです。

2016/10/21 (金) | 高澤 宏文

13日院内スタッフ対象の糖尿病勉強会を行いました

 内科 高澤です。13日PM5時30分から多くのスタッフに参加いただき、糖尿病について勉強会をさせていただける機会をいただきました。実は、今から10年ぐらい前勉強会って何の意味があるのかと、当時の上司にイライラしておりましたが、私も年を重ね、すごく重要であると思うようになりました。糖尿病について、まだまだ多くの事を伝え、そして新都市病院全員で糖尿病治療をする事、それがチーム医療に繋がると思いました。第二回も開催予定です。昨日、ご参加いただき、ありがとうございました。

2016/10/14 (金) | 高澤 宏文

糖尿病の薬って一生飲まないとダメなの?

内科 高澤です。今回のタイトルの様な疑問を持たれている患者様が多いのが実情です。生活習慣病の一つである糖尿病は、生活のリズムが最も重要です。なぜ血糖値が上がっているのか?その原因をご自身で理解し、改善できれば、最終的に糖尿病の治療薬を中止する事もできます。ですので、一度薬を処方されたから、中断できない、だから飲みたくないとお考えになるのは、理解はできますが、問題の解決にはなっておりません。なるべく、早期に治療する事が、糖尿病治療がうまく行く最善の治療だと思います。自覚症状が無い、まだ大丈夫だろう、面倒臭い、お金もかかるなあ・・・色々と大変な事も分かります。治療をしなかった事により、あらゆる合併症が生じた時の方が大変です。治療について、迷われている方がおられましたら、是非、当院内科 高澤まで。

2016/10/05 (水) | 高澤 宏文

糖尿病の方が貰い物されたら、どうしたらいいの?

内科 高澤です。確かにいろいろな食べ物を貰った時、捨てるのも申し訳無いし、食べると血糖値が上がるし、難しい問題ですね。方法としては、1)やはり捨てる 2)誰かにあげる 3)少しは食べる という方法しか無いかなと思っていましたが、昨日外来で、患者様に新しい事を教えていただきました。4)冷凍して保存する それを少しずつ食べる。 なるほどなあと思いました。秋しか食べれない食材が入ってきて、糖尿病患者様には大変な時期かもしれませんが、少し食べて、心と体のバランスを整えて頑張りましょう。

2016/10/01 (土) | 高澤 宏文

メールでのお問い合わせはコチラ アクセスはコチラ

ページの先頭へ